Top >  ルクルーゼの製品 >  ルクルーゼ・グリルロンドの特徴

ルクルーゼ・グリルロンドの特徴

フランスで誕生したルクルーゼの鋳物ホーローウェアは、世界中のたくさんの人々から支持されている名品です。
そんな名品の中でも、ルクルーゼ・グリルロンドをご紹介させていただきます。
半世紀以上にも渡って、世界各国のシェフたちからも称賛を浴びているルクルーゼ・グリルロンドは、溝が深く刻み込まれていて、余分な油分をきれいに落としてくれます。
また、熱が万遍なく行きわたりますますから、肉や魚といった素材が持っている旨味や風味を最大限に引き出してくれるのです。
ルクルーゼ・グリルロンドは、焼き物料理に最適で、普通フライパンを使って作るハンバーグやムニエルといった料理を調理する時に大活躍してくれます。
また、料理をお皿に盛らなくても、そのままで食卓の上に載せてもすごくお洒落なんです。
グリルロンドの内側には、鉄の上から透明のホーロー加工が施されていますので、樹脂加工のような消耗品とは全く違います。
いわゆる、ホーローのフライパンなのです。

 <  前の記事 ルクルーゼのスパチュラは使い勝手が良いのでお勧めです  |  トップページ  |  次の記事 ルクルーゼ・グリルロンドの正しい使用方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3614

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ルクルーゼのいいところ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。