Top >  ルクルーゼの製品 >  ルクルーゼ鍋が耐久性・保温性に優れている理由

ルクルーゼ鍋が耐久性・保温性に優れている理由

ルクルーゼ鍋の製造工程の中でも、とりわけ気を配らなければならないのは、温度管理と流し込む時のタイミングであると言われています。
流し込んだ鉄が冷めてきた時点で、砂の型を割って中の鋳型を取り出し、崩した砂型はまた次の砂型に使用されることになります。
この時、全てのルクルーゼ鋳物が熟練した職人さんによって念入りに検査されます。
ここで、不具合が見つかった鋳物は破壊され、再度作り直されることになります。
検査を通過した鋳物は、機械と人間の手によって2段階に渡るクリーニング作業が施され、滑らかなルクルーゼ鋳物が生まれるのです。
さらに、滑らかに仕上がった鋳物は、2層以上のエナメルコーティング(ホーロー加工)が行われることによって、耐久性・保温性が優れたものに仕上げられます。
ちなみに、1層目のベースコートは840℃の温度で焼き付けられ、2層目以降からのカラーコート800℃で焼き付けられるということです。

 <  前の記事 ルクルーゼの鋳物を製造する上で重要な工程  |  トップページ  |  次の記事 高品質を誇るルクルーゼのスパチュラ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3611

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ルクルーゼのいいところ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。