Top >  ルクルーゼの製品 >  ルクルーゼの鍋に付属されている黒いピンの重要性

ルクルーゼの鍋に付属されている黒いピンの重要性

ここでは、ルクルーゼの鍋のメンテナンスに関するポイントについて、ご紹介させていただきたいと思います。
現在、ルクルーゼの鍋を購入しようと考えている人や、これから実際に使い始めようとしている方にとって、参考にしていただけたら幸いです。
ルクルーゼの鍋を買った時には、蓋と鍋の間に黒いピンが付いていると思います。
しかしながら「しょっちゅう使うお鍋なのだから、邪魔になるだろう・・・」と考えて、捨ててしまったりしてはいけません。
この黒いピンには、かなり重要な役割があるのです。
これは、錆びを防止するために、わざわざ付けられているものなのです。
蓋と本体の間に隙間を作り出して、風通しを良くしてくれているのです。
万が一捨ててしまっているような場合には、布巾などを一枚かませておけば、錆びを防ぐことができますよ。
ルクルーゼの鍋は、錆びやすいという欠点がありますから、こまめなお手入れを忘れないようにしましょう。

 <  前の記事 フランス生まれのルクルーゼで「みそ風味の肉じゃが」を作りましょう  |  トップページ  |  次の記事 ルクルーゼ鍋のお手入れ方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3600

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ルクルーゼのいいところ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。